無料
エロ
動画
海外の人間便器動画販売サイト
リンク先の海外人間便器AVメーカー「Poomania」が、しばらくお休みになってしまったようです。

>I'am sorry, we will soon back again!

とトップページにはありますが、ネットの常として本当に復活するかどうかはわかりません。
私は利用したことはありませんが、見ているだけでも刺激的なサイトなので、ぜひとも復活していただきたいものです。

で、その代わりというわけでもありませんが、素敵なページを見つけました。

「QOS Fetish Fantasy」

という動画販売ページです。
早速左のリンクに加えました。

QOS というのは、Queen of smother の略のようです。
人間便器ものが多く、しかも女性がみな豊満ということで、とても私好みの動画が並んでいます。
GIFアニメを見ているだけでも楽しいです。

「Yezz Clips」というサイト内の1コーナーですが、「Yezz Clips」のホームへは「home」クリックで行けます。
femdom 動画も含め、いろいろな動画が登録されているようです。

Scatqueens-Berlinから

人間便器サイトの紹介です。

Scatqueens-Berlin

ベルリンの Mistress Michelle の人間便器サイトです。

DVDの紹介に重きを置いていますが、
新作のリリースが他のメーカーに比べると頻繁です。

Mistress Michelle は、
美人で、スタイルも良く(細いだけじゃなくて出るところは出てる)、
たぶん人気のある方だと思います。
こんな女性になら便器としてお仕えしたいなあ、
と思わせる魅力をもっています。

動画も置いてあるようですが、
私の環境ではなぜか見れないので、
見た方は感想など寄せていただけると嬉しいです。

大きな写真がアップされていないので、
今回は小さな写真を寄せ集めて作ってみました。

姉妹サイトに「femdom-berlin.com」があり、
こちらは人間便器に限らないFemdomサイトです。
リンクから行けます。
お前は一生私の便器よ

DVDメーカーのご紹介です。

ご存じの方が多いと思いますが、甘美会
SMもののビデオを制作販売しているメーカーです。

「ああ、新しいメーカーができたな」と思っていたら、
少しずつ着実にリリースを重ねて、
いつの間にか66作品も出ているメーカーとなっていました。

作品を実際に見たことはなく、
ホームページのデザインもちょっと垢抜けませんが、
ここの作品は気になっています。
というのは、大人の女性が出演しているからです。
中には豊満女性もいて、素敵です。

サイトはおそらく制作スタッフの一人が手作りでやっているのでしょう、
掲示板のレスポンスが悪い(というか、ほとんどない)のがちょっと残念です。

黄金もののDVDをリストアップします。

 《男を責めるシリーズ》

 「ザ黄金 屈辱の人間便器」 徳井唯 (KBMD-01)
 「女性専用便器 口奉仕!屈辱の黄金責め」 ルイ (KBMD-06)
 「お前は家畜奴隷 驚異の黄金・野外調教」 狩野千秋 (KBMD-07)
 「女性専用便器調教 女子大生の黄金奴隷」 内山紗千佳 (KBMD-09)

 《家畜人シリーズ》

 「ザ黄金 女性専用便器への転落」 さくら (FKD-02)
 「ザ黄金 妻専用人間便器の製造」 卑弥呼 (FKD-09)
 「女性専用便器 屈辱の尻舐め・便器奴隷」 摩美 (FKD-15)
 「檻監禁黄金飼育 実録!ザ女性専用便器」 明日香 (FKD-21)
 「巨乳格闘女王 残虐!恐怖の奴隷狩」 大迫直子 (FKD-33)
 「関白亭主の転落 屈辱の妻専用人間便器」 優奈 (FKD-36)

一部の作品は、奇之ワークスでダウンロード販売しています。
いくつかの作品についてはサンプル動画も見られます。
(ただし黄金ものは含まれていません)
『強制黄金 人間便器への転落ストーリー Vol.2』から

AV制作メーカーのご紹介です。

「超醜い豚便器」(それにしてもすごいネーミングですね)は、
男が女性にうんこを食べさせられる内容のDVDを制作しているメーカーです。

監督の超醜い豚便器さん(メーカー名と同じお名前です)は、
初期の作品には男優として出演もされている本物のM食糞マニアです。

こちらの作品のモットーは、うんこを“完食”する、ということ。
口で受けておしまい、ではなく、ちゃんと食べるところまでやる。
これは、なかなかできそうでできないことです。
根性入ってますね〜。

現在までに12本の作品がリリースされていますが、
サイトには、各作品の静止画像のほか、画質のよい動画もあります。
ぜひ購入の参考にしてください。
(そうそう、9月にまた新作が出る予定だそうです。)

女王様役の女性は、みな若くて可愛い人ばかりです。
ゴミムシの好みからいえば、もうちょい大人の女性で、
もうちょい豊満な方が嬉しいのですが、
一般的なニーズからすれば、たぶん正解なのでしょう。

掲示板では、ユーザーの質問や要望に監督さん自ら丁寧に答えていて、
その姿勢に好感がもてます。

併設のブログ「食糞人生記」は、更新の頻度は高くないものの、
監督さん自身の食糞や撮影の体験を綴っていて、
貴重で面白い読み物になっています。

写真は、『強制黄金 人間便器への転落ストーリー Vol.2』から。
春川ナミオ初期のイラスト

「北川プロ」は、北川繚子さんが主催するSMビデオの老舗。
「北川プロ公式サイト」は、その北川プロの公式サイトです。(←そのままか)

北川プロが、四半世紀にわたってこの世界をリードしてきたのには理由がある。
北川繚子さんの誠実なお人柄とSMに対する真摯な姿勢があればこそだ。
・・・ということが、サイトを読むとわかってきます。

北川ビデオはハードだと言われますが、そのハードさは、北川さんのSMに対する嘘のない、真摯な姿勢から来ているのだと思います。
「本物を届けたい」というお気持ちなのでしょうね。

北川さんは、今でもおきれいな方ですが、かつては雑誌などで若い頃のお姿を拝見して、とても憧れたものです。
今でも本当に目の前に現れたら、思わず土下座してしまうかもしれません。(^_^;)

サイトからは、動画配信サイト、オンラインショップ、編集日記などがリンクされています。
もちろん全作品のリストやギャラリーもありますし、掲示板で質問することもできます。
最新作についてはサンプル動画も見ることができます。

中でも「編集日記」はお薦めです。
かつての名作の制作裏話が次々にアップされていて、とても興味深いです。
北川ビデオの表紙を春川ナミオ画伯が書いていることは有名ですが、北川さんと春川さんとは深いご縁があるのでしょう、ときどき春川さんの音信がアップされたりして、これも注目です。
例えばこちら
今はもう消えてしまいましたが、春川さんの写真(ただし目線入り)が紹介されたこともありました。

最後に、北川ビデオ《女王と奴隷たち》シリーズの黄金ものを抜き出しておきましょう。
絶版のものも含みます。( )はビデオ番号。

 「黄金調教」(19)
 「浴槽の聖水黄金責め」(22)
 「黄金特集 女王様と肉便器奴隷たち」(30)
 「黄金シリーズ!地下室の肉奴隷」(35)
 「黄金・聖水特集!ザ・黄金」(101)
 「ザ・黄金 PART 2 糞尿地獄,貶められた奴隷たち」(143)
 「熟女&黄金聖水 淫夢・熟女秘戯 卑しき奉仕奴」(151)
 「ザ黄金特集!ザ・黄金 PartII」(160)
 「SM地獄門 その三 糞尿地獄」(200-3)
 「ザ・黄金責め, 〜糞地獄と至福の拝受〜」(204)
 「黄金調教 地獄と至福の糞尿責め」(222)

   ◇ ◇ ◇

イラストは春川画伯の古い作品。
「BOOT SQUAD」より

「父子エレジー」の続編はすこし後回しにさせていただいて、今回は外国のビデオ制作メーカーの紹介をさせていただきます。というのは、久々の新作がちょうど出たばかりなんです。

Hightide Video というメーカーは、スカ系のかなりエグいビデオをいろいろ制作しているメーカーのようです。

http://www.hightide-video.com/

中には、女性同士だったり、男性が女性を責めるものもあって、そういうのは私の趣味に合いません。私の場合、あくまで女性が男を支配し便器にする、という形でなければダメなんです。

私の趣味に合うのは、このサイトの中の「Other Kink」というページの、さらに「PRAYING MANTIS」というコーナーです。

http://www.hightide-video.com/otherkink.html

このページの中ほどにあります。

ここに13本のビデオ(DVD, VHS)が並んでいますが、この13本目の作品「BOOT SQUAD」は、たぶんここ2〜3日にアップされた新作です。

1人の奴隷男が、4人の女性から、オシッコを飲まされたり、うんこを食べさせられたり、散々にいじめられる内容のようです。かなりハードです。

そうそう。私の場合、文脈にもよるのですが、聖水とか黄金と呼ぶよりも、端的にオシッコ、うんこという方が好きなんです。「黄金を拝受する」というとなんだかインパクトを感じませんが、「うんこを食べる」というとこれはもう、すごいことだなと…。不快に感じる方はごめんなさい。

各作品について、サンプル画像とサンプル動画を見ることができます。特にサンプル動画は、かなり濃い内容でお薦めです。便器を使ってみたいS女性様や便器願望のあるM男諸氏は、ぜひご覧ください。そうでない方は、決して見ないでください。

今後もときどき、こうしたサイトの紹介をしていきます。とはいっても、あまりたくさんの情報をもっているわけではありませんので、情報がありましたらぜひお寄せください。
close