無料
エロ
動画
mg35
第2部最終回は、いわゆる“オチ”ですね。
ジャンジャン、という。

しかし、顔や服にうんこがついたままレストランホールに戻ってきても、良いのでしょうか?

いいのか・・・。
女性のうんこは汚くないから(^_^;)。

ということでこれでお開きです。
皆さま、たくさんのコメントをありがとうございました。

mg34
2ページにわたる wet farts 責め。

次回最終回です。

mg33
第2部もこのページを含めてあと3ページです。

これが wet farts の威力ですね。

しかしこれ、基本的に「おなら」というカテゴリーなのでしょうか。
むしろ基本カテゴリーは「下痢」で、「おなら混じりの下痢」とでも呼んだ方が良さそうな気がします。

mg32
彼女の「彼を使ってよ」という申し出は、彼にとっては「隣室の女性に奉仕せよ」という命令です。
彼女が命令を下した以上、隣室の女性は彼女の延長になるわけですね。
沼正三のいう「準三者関係」にあたります。

隣室の女性のお尻、大きいですね。
大きなお尻に必至になって奉仕する彼氏。

“濡れたおなら”は苦しまぎれの訳です。
原文は wet farts 。
どういうものかはわかりますよね。
前に紹介した gassy と同じように、そのまま置き換えられる日本語が見つかりません。
「ブリブリおなら」「下痢まじりのおなら」なんていうのも考えたのですが、しっくりきません。

mg31
「ありがとう悪いわね」
って、使うのですか!

前ページで声をかけてきた時点で、きっと隣室の女性はうんこをしているんでしょうね。
だとすると、「ありがとう悪いわね」と彼氏に突きだしたお尻には、うんこがべっとりということになります。
彼の反応はきっとそういう反応ですね。

隣室の女性は、お尻が大きく描かれています。
個人的な感想ですが、お尻の大きな女性には強い性的魅力を感じます。

mg30
大変な仕事を終えてひと息ついたところ(と言っても彼氏の顔は彼女のお尻の下ですが)、
突然、隣の個室から声がかかります。

2コマ目、両方の個室の上方に“香り”が立ち上っています。

「彼は私に借りがあるの」
この借りとは、彼女の意に反して(!)チョコサンデーを注文したことでしょうか。

「彼を使ってよ」
え? どういうことですか?
「トイレットペーパーお持ちじゃありませんか?」
に対して、
「彼を使ってよ」
男というものは女性にとってトイレットペーパーと同じなのでしょうか?
男に人権は無いのでしょうか?
こんなことが許されて良いのでしょうか?

「違うの?」
いえ、その通りです・・・。
すみません・・・。

で、でも、まさか隣室の女性は、見ず知らずの男をトイレットペーパー代わりに使ったりはしないと思いますよ。
そうですよね。

mg29
彼氏にうんこのついたお尻の掃除をさせながら、
なおもおならで責め続けます。

アナル舐めをさせられながら無造作におならをされる、
私がずっと憧れているシチュエーションです。
まだそういう光栄に浴したことはありませんが。

最後のコマ、彼女の息んだ顔が描かれています。
素敵です。

ひとヤマ越えて第2部はこれでお終い・・・と思いきや、
次ページから新しいモティーフが登場します。

close