無料
エロ
動画
みささまの放尿
おまえにはもったいないけど飲ませてやる。

みささまが、まさか・・・


これも残さずお食べ。

写真は結城みささま。
http://18.dtiblog.com/g/gomimusi/file/062.jpg 参照。

みささまのおしっこ、飲みたいです
結城みささまといえば、私の考えでは、美人が多いAV女優さんの中でも3本の指に入る美人。
その美しいみささまが、おしっこをするなんて!
私には信じられません。
あり得ません。

だけど、だけど、だけど・・・

おしっこ姿のみささまもまたお美しい。
お出しになったおしっこも黄色く透き通って、とてもきれいです。
私のおしっこ、おいしい?
「おいしいかい?」
「はい、とてもおいしいです」
「私のおしっこって、どんな味?」
「・・・・・」
「言わないとこうよ! ギュッ(乳首をつねりあげる)」
「痛い、痛い・・・言います言います」
「そうよ、さっさと言いなさいよ」
「はい、えーと・・・コウフクの味です」
「プフ、なにそれ、コウフクの味って。
コウフクって、降参すること?」
「あ、なるほど、そういう意味もありますね。
でもぼくが思ったのは幸せってことです」
「お前、私におしっこ飲まされて幸せなの?」
「は、はい。幸せです」
「ふーん。変態なのね」
「・・・・」
ギュッ!
「痛い!」
「さっさと返事しろ」
「は、はい。変態で申し訳ありません」
「変態にくせに私のそばにいたいなんて、生意気よ」
「申し訳ありません」
「これからも私の言うことは何でも聞くか?」
「何でも聞きます」
「どんなことでもか?」
「どんなことでも聞きます」
「それなら・・・」
「・・・は、はい」
「またおしっこ飲ましてやる」
「ありがとうございます!」

無条件コウフク。
体も心も
あなたの分身がぼくの体中に染みわたります。
指先から爪先、髪の毛の一本一本にまで。

体だけではありません。
それはぼくの心の隅々にまで行き渡ります。

そうしてぼくは、
だんだん染め上げられていくのです。
あなた色に。

あなた色の幸福。

聖水の日
4月5日を「聖水の日」とすることを提案します。

理由は「おシっコ」から。
この日を国民の祝日とし、男性は女性の聖水を飲用するよう義務づける法律を制定していただきたい。

憧れの奥様の…
「今日は一日運動したから、しょっぱいかもね」

悩殺必至! 美熟女の放尿
なんとも色っぽい美人。
もしこんな美人にこんあことをされたら、
100人中99人の男はおしっこを飲むと思う。
間違いない!

close