無料
エロ
動画
あなたに帰依します
昔ネットで、マゾヒストのこんな言葉に出合ったことがあります。

「あなたに捨てられたら、ぼくはもうマゾヒストではありません」

良い言葉だと思いました。
一人の女性を心から崇拝すると、おのずとそういう気持ちになるんですね。
もはや「帰依する」という方がふさわしいかもしれません。

あなたになら何をされてもいい、それをすべて歓びとして受け容れます。
でもそれはあなただからこそで、ほかの女性に対してそういうことはあり得ません。
ぼくのマゾヒズムはあなたに対してしか成り立ちません。
あなたこそがぼくのマゾヒズムを支えて下さっています。

そういう思いがたった一行で表されているわけです。
マゾヒストの名言の一つと言っていいでしょう。
ぼくが働いているお店にあの方が入ってきたとき、全身が雷に打たれたようになりました。
こんな女神のような女性が本当にいるなんて。
一瞬でぼくは恋の虜になりました。
ぼくは思いきって…

Viktorieさま1
「あ、あのぅ、よろしければ、こ、これ…」
「あら、なにかしら?」
「ぼぼ、ぼくから…」

Viktorieさま2
「ふうん、あなたから、ねえ」
「めめ、召し上がってみ、みてください…」

Viktorieさま3
「香はまあまあね」

Viktorieさま4
「うえー、なによこれ!」

Viktorieさま5
「どういうことよ、これ!」
「そそそ、そんなはずは…」

Viktorieさま6
「こうしてやる!」
「ひぃ〜、お許しください!」

Viktorieさま7
「これでもか、これでもか」
「ひぃ〜」
「これでもか!」
「……あ、ああ」

そのとき、ぼくの恋は成就したのかもしれません。

レベッカさま
素敵な写真を見つけました。
レベッカさま。
少し前に某市長の発言が問題になり、巷に「性奴隷」という言葉が氾濫しました。

で、以下は件の社会問題とは全く関係のない文脈でのタワゴトです。

性奴隷という言葉、いいですね〜。

男のロマンですね。
夢がありますね。

以上考察終わり。

性奴隷
「あなたの性奴隷にしていただいて、ぼ、ぼく、幸せです」
「何言ってるの? お前はただの奴隷よ」

思い出は心の中に
某画像掲示板が閉鎖されていて、そこに「某女王様から画像削除の依頼が来たので、いろいろ考えて掲示板を削除することにした」旨の断り書きがありました。

それを読んで少し考えることがありました。

閉鎖云々ということではなく、女王様からの削除依頼についてです。

その女王様はすでに引退しています。
かつては雑誌や倶楽部などで大変に活躍された方でした。
掲示板には雑誌に掲載された画像が貼られていたわけです。

投稿者はその方の美しさを讃美するために貼ったのでしょう。

そういう気持ちは私もよくわかります。
引退した人について語ることは、「私はあなたを忘れませんよ」というメッセージでもあると思うのです。
そのことによって、かつてお世話になった、あるいは、かつて憧れた人に対する、讃美とか感謝の気持ちを表すということだと思います。

しかし、当の女王様の気持ちになってみるとどうでしょうか?

現役を引退して、ごくあたりまえの幸せな結婚をしているのかもしれません。
結婚は一つの例に過ぎませんが、何らかの形でカタギの市民として生活をされているのでしょう。
もしそうだとしたら、女王様時代の自分をすっかり忘れてもらいたいと考えたとしても不思議ではありません。

それが「女王様」という広い意味での性産業に属する職業でなければ、まだいいのかもしれません。
例えば同じ人前に身をさらす職業でも「女優」とか「スポーツ選手」であれば、かなりニュアンスは異なってくるはずです。
悲しいことですが。

世間から忘れられたいと思っている元女王様の意志は、やはり尊重されるべきでしょうね。
いつまでも讃美していたい、思い出を語りたいファンとしては、さびしいことですが。

ただ問題は、引退した元女王様が実際にどう考えているのかは、外からはなかなかわからないということです。
引退した女王様については一切語るべきでない、という考えは、逆方向の勇み足というか、萎縮しすぎですね。
その辺がなかなか難しい。

かつて“液体系”を標榜していた女王様がいらして、ブログの文章などもとても面白く、私は遠くから憧れていました。
その方の引き際はとても見事でした。
倶楽部を引退し、ブログを閉鎖した後、見事にどこにも出ていません。
ビデオもほとんど出まわっていないのではないでしょうか。
個人的には全く存じ上げませんが、実はあることで一度、嬉しいメールをいただいたことがあって、私は今でもそのことに感謝しています。
しかし、ああいう一線の画し方を見ていると、「この方についてはこのまま忘れて差し上げるのがいいんだろうなあ」と思います。

忘却とは忘れ去ることなり。
(↑あたりまえのことね)

以前に「キンチョー虫コナーズ」のおばさまがセクシーだと書いて、約一名から絶賛(でしたよね)をいただきましたが、私は全然懲りてません。

サ○ーランドのテレビCM、たまりません。

いくつかのバージョンがあり、YouTube などで見ることができます。

こんなセクシーな女体を平然と公共の電波に乗せて、放送コードはいったいどうなっているのでしょうか?
いけないことだと思います。
青少年の健全な性的羞恥心をいたずらに刺激します。
こういう映像は18禁のDVDとしてジャムズかまぐろ物産から5,250円で出すべきです。

私は憤慨しています。

訴えてやる!

証拠保全のために YouTube の映像はブックマークしました。

ダイナマイトボデー
色っぽすぎます
「異性から言われて一番嬉しい言葉は何ですか?」

雑誌のアンケート記事などで、こんな質問がよくありますね。

私、一つだけ、これを言われたら本当に嬉しいという言葉があるのですが、残念ながら人前ではけっして言えないんです。

でも、このブログなら書けます。
だから書きます。

それはですね、

「昨日ゴミムシでオナニーしちゃった」



こんなことを言われたら、もう、天国にでも昇ったような気持ちでしょうね。
男性諸氏はみなそうではありませんか?

え、そうでもない?

うーん。

オナニーの対象になるということは、こちらにほんのカケラ程度でも性的魅力があるということでしょう。
嬉しいと思うけどなあ。

ふだん自分に性的魅力など無いと思っているからでしょうか。
それとも私がマゾヒストだからでしょうか。

どんなシチュエーションでもいいんです。
耳元でぼそっと囁かれるのも素敵ですし、「おはよう」の代わりに明るく言われるのも素敵ですね。

「あのさ」
「夕べお前でオナニーしちゃったわよ」
「ははっ、ありがたき幸せにござります」
close