無料
エロ
動画
ぷす〜〜

崇拝する女性のおならは、
いったいどんな香りがするのでしょうか?

大きなお尻に顔を埋める。
やがてお尻に微妙な力が入ります。

ぷす〜〜〜

なま温かい空気が顔に広がります。
私は口を閉じ、鼻で深呼吸します。
肺いっぱいに香りを吸い込みます。

ああ、なんて甘い香り。
なんてセクシーな香り。

できることなら、
この香りだけを呼吸して生きていきたい・・・。
飲ませてやる

おまえにはもったいないけど
飲ませてやる。

お食べ

これも残さずお食べ。

   ◇ ◇ ◇

ようやく見つけました、
「ひさうちみちお1/4」で紹介したイラストの実写版。w

どうでしょうか?

残したら死刑よ

これはどういうシチュエーションなのか、よくわかりません。

屋外ですね。
女性の服装が西部劇風です。
そういえば、舞台装置も西部劇に出てくる死刑台に似ています。
一定期間、女性専用トイレになる刑の執行中でしょうか。w

左の女性は、
「ああ、漏れちゃうから早くして〜」
などと言っているようにも見えます。
人間便器はチームワークが大事

春川ナミオ作品の中でも、かなり好きな一枚です。

まず、むちむちで豊満な女性の描き方が素敵です。
それから、うんこがきちんと描かれているということ。

一人の女性に対して、ここでも奴隷が二人ですね。
本来の便器役と清掃係。

あなたはどちらになりたいですか?

例によって少し手を入れさせていただきました。
目の前におみ足が…

ホテルに入る。
私が、あなた様の靴を揃えたり、
上着をハンガーにかけたり、
お茶を入れたりしているあいだ、
あなた様はソファーでくつろいでいらっしゃいます。

一通り終わると、静かにあなた様の足元に座ります。
目の前には靴を脱いだばかりのあなた様のおみ足。

いつもここから始まります。
この景色から始まるのです。

どういう展開になるかは、あなた様次第です。
しばらく世間話に興じるときもあれば、
おみ足へのキスを命じられるときもある。
いきなりお叱りをいただいて恐怖に震えることもあります。

今日はいったいどういう展開になるのでしょうか。
二人だけの物語はこれから始まります。
溺れてしまいたい

女神様のせせらぎは
銀色の輝きを受けて
黄金色に波打つ。

黄金色の海に飛び込んでしまいたい。
女神様の海で溺れてしまいたい。
夢か現実か

ああ、この瞬間のために私は生きてきたのです。
天国と地獄とが同居するこの瞬間のために。

close