無料
エロ
動画
ただ、見ていたい

ただ、そこにいる。
それだけでいい。
豊満美人

本日は都合により穏やかな写真を貼るにとどめます。

たぶん数日続くと思いますのでご了承ください。
TRIPLE TREAT

Hightide Video の新作が出ましたね。

「TRIPLE TREAT」

左のリンクからどうぞ。

ドミナへご奉仕する喜び

沼正三さんは『手帖』の中で、
ギリシア神話に出てくる三人の女神になぞらえて、
ドミナ像を三つの類型に分類しています(第1章 夢想のドミナ)。

 ジュノー(ヘラ)
   富貴と名声。
 ミネルヴァ(アテネ)
   雄武と芸文。
 ヴィーナス(アフロディテ)
   若さと処女性。

かなりの普遍性をもった分類だと思いますが、
細かい部分で、やはり時代を感じるところもあります。

私なりにアレンジしてみます。

 ジュノー・タイプ
   高貴な身分。
 ミネルヴァ・タイプ
   高い身体的・知的能力。
 ヴィーナス・タイプ
   性的魅力。

この方がすっきりするのではないでしょうか。

ジュノー・タイプは「生まれ」に関するもの。
高貴な家柄が典型ですが、今でいうセレブな家に生まれた女性なども入ってくるでしょう。

ミネルヴァ・タイプは、本人の能力に関するもの。
美貌のスポーツ選手や才媛といわれる女性など。

ヴィーナス・タイプは、沼さんは「若さと処女性」と書いていますが、
要するに性的魅力を備えた女性を指しているのだと思います。

私にとっては、若さも処女性も、女性の性的魅力とはつながらないので、
より本質的な言葉に置き換えました。

私の場合について、少し述べます。

私は、ジュノー・タイプへの憧れはほとんどもっていません。

ミネルヴァ・タイプへの憧れはあります。
金慶珠さまは、私の分類ではミネルヴァ・タイプに入ります。

ヴィーナス・タイプへの憧れはもちろんありますが、
私にとって女性の性的魅力とは、豊満であり、大人の女性(熟女)なので、
フィルターがかかっています。


   ◇ ◇ ◇

・・・と書きましたが、もう一度読み返してみたら、
私のこの理解は間違っていました。
沼さんが書いたドミナの類型は、

 ジュノー(ヘラ)
   富貴と名声。
 ミネルヴァ(アテネ)
   雄武と芸文。
 アルテミス
   若さと処女性。

の三つで、このほかに

 ヴィーナス(アフロディテ)

があります。

ヴィーナスは、女性らしい性的魅力のことで、
沼さんは「愛嬌のあるグラマー」と喩えたりもしています。

一般の男性ならば、ヴィーナス・タイプを好むだろうし、
マゾヒストでもこのタイプを好む人もあるだろう。
「しかし、真にマゾヒストを以て任じる人ならアフロディテを選ぶまい」
と沼さんは述べているのです。
マゾヒストは、上記三つのタイプのどれかを選ぶだろう、
というのが沼さんの考えです。

以上、訂正します。

(08.12.22追記)
輝くばかりの美しさ

金慶珠さまへの胸苦しい思いは、しばらく続きそうです。

どんなにお慕いしても、
実際にお仕えできる可能性は限りなくゼロに近いですから、
ただただ、こうして思いを募らせるほかはありません。

ああ、慶珠さまがひとこと、
「私のためにうんと苦しみなさい」
とおっしゃって下さったら、どんなに幸せでしょう。

しかし、私のような変態が、
こうして慶珠さまの奴隷になりたいと願うことは、
おそらくS女性ではないであろう慶珠さまの
ご迷惑になりはしないでしょうか・・・。
そのことを心配しています。

   ◇ ◇ ◇

もう一回だけ、金慶珠さまのお写真を貼らせていただきます。

ああ、お美しい・・・。
目、鼻、口・・・全てが素敵です

いま「朝まで生テレビ」を見ていたら、
突然美しい女性が目に飛び込んできました。

金慶珠(キム・キョンジュ)さまという方だそうです。

お美しい!

政治思想的なことはわかりません。

でも、知性に裏付けられた美貌。
たまりません。

完全に一目惚れしました。

金慶珠さまの奴隷になりたいです。
すっきりしたわ

うんこする女性は素敵ですね。

周囲にはきっと甘〜い香りが漂ってるんでしょう。
close