無料
エロ
動画
早くしなさい

ほら、何をすればいいのか、
わかるわよね。
清らかな流れ

この写真、見てると心が落ち着きませんか?

発色も落ち着いた色でとてもきれいですし、
おしっこも程良く色づき、尿流もとても美しい。

静かに精神統一したいときに見たい一枚です。
足の裏をお舐め

「まあ、驚いた。
アンナの彼って、言われれば何でもするのね」
「あら、このぐらいは当然でしょ。
もっとすごいことだってするのよ」
「もっとすごいことって?」
「私に言われたら、本当にどんなことだってするわよ。
お尻の掃除をさせたり、おトイレにしたり・・・」
「ト、トイレにするって、あの、まさか・・・」
「そう、そのまさかよ」
「信じられないわ。
アンナのおしっこを・・・」
「何いってるのよ、
トイレでするのはおしっこだけじゃないでしょ(笑)」
「うそっ。
じゃあ・・・大きい方も?」
「まあ、大きい方は仕込むのに時間がかかったけどね」
「信じられない。
どうやって仕込んだの?」
「特別なことはしてないのよ。
ただ、体に覚えさせていっただけ。
食べるより食べない方が地獄だってことを教えたのよ」
男とは敗北する性

ご支援掲示板でTakさんへのレスを書いていて
なかなか良い(と私が勝手に思っている)コピーを思いつきました。

おしっこは女の武器である。

もし「自分のものにしたいわ」という男がいたら、
その人にあなたのおしっこを飲ませれば、
必ずやあなたの虜になるでしょう。
それが男の哀しいサガです。

もちろん女性はもっと強力な武器をお持ちです。
すなわち、

うんこは女の武器である。

ひとたびあなたのうんこを口にした男は、
もはや一生あなたの奴隷です。

まてよ。

女性の武器って、もっとたくさんあるゾ。

おっぱいは女の武器である。
足は女の武器である。
お尻は女の武器である。
うなじは女の武器である。
乱れ髪は女の武器である。
汗の匂いは女の武器である。

う〜む、女性の体は武器ばかりではないですか。
サイボーグ004みたいだ。

考えてみると、体ばかりじゃないなあ。

驕慢は女の武器である。
わがままは女の武器である。
軽蔑のまなざしは女の武器である。
冷たい言葉は女の武器である。
男の心を射抜くような目は女の武器である。

女性に対抗すべく私の武器はというと・・・

何もありません。

うわ。

情けない。

これではどうあがいても完敗です。

残酷に武器を振るう女性に対しては、
素直に無条件降伏して、
ひたすらお慈悲にすがるしかありません。
お尻は世界を包む

圧倒的なお尻を前にして、
奴隷にいったい何ができるというのでしょう。
ビンタをいただいても感謝

ご主人様にお仕えしているときは、
とにかく感謝、感謝、感謝の毎日でした。
本当にどんなことにも感謝していました。

全てのお仕置きは、ご主人様が私のためにして下さること。
私がよりよい奴隷になるためのご主人様の慈悲です。
よりよい奴隷になれば、
それだけ長くご主人様の足下でお仕えできるのですから、私のため。
すなわち感謝、感謝です。

たとえお仕置きがご主人様の気まぐれで行われたとしても、
ご主人様のストレス解消のお役に立たせていただいているのですから、
感謝しないわけにはいきません。

ご主人様のやることなすこと、
感謝の対象でないものはありません。

私がこうして呼吸していられるのも、
ご主人様のおかげなのですから。
女主人のうんこは…

写真をご覧下さい。

この写真は、私の妄想では当然、
女主人が奴隷に食べさせるためにお皿にうんこをしているところです。

しかし、実際にはそうでないかもしれません。
この写真が貼られていた元の文脈では、
この女性はMで、強制的にうんこさせられることで、
辱められている場面かもしれないのです。

私は、元の都合の悪い文脈は無視し、
一枚の写真だけをそこから引き剥がして、
新たに私の文脈に乗せて、ここにアップしています。

これは、沼正三が『手帖』で採った態度と似ています。

> (『手帖』が)文献紹介も資料選択もマゾヒズムという色眼鏡をかけ
て行われていることはいうまでもない。マゾ効果を狙ってヨタも飛ばし
ているし、(略)ある主張をするのに都合のわるい資料は黙殺している
し、言及した文献のマゾ的感興を阻害する部分を切り捨てるようなこと
もした。故意の曲解だ、遊びだ、と非難されかねない引用のしかたもあ
ろうが、学術的研究書でも体系的解説書でもないのだから、そこは大目
に見られたい。
(沼正三『ある夢想家の手帖から6 黒女皇』潮出版社、あとがき)

ときどき、画像の元のURLを教えてほしい、
というリクエストをいただきますが、
元のページを見られることは、元の文脈を見られることになるわけで、
私としては、文脈変更の手の内を見られる恥ずかしさもあり、
それによって「なあんだ」とがっかりされてしまう心配もあって、
あまり開示したくはないというのが正直なところです。

それをご承知いただいた上で、それでも元URLを知りたいという方は、
メールアドレスかご自身のブログURLを添えて
リクエストしていただくという形はどうでしょうか?
もちろん秘密コメントで構いません。
小生からも、メールまたはそちらのブログの秘密コメントでお知らせします。

あわてて付け加えますが、
元ページはブックマークしてある場合とない場合とがあります。
また、ブックマークは既に膨大な量に達しています。
ない場合は諦めてください(すいません)。
ある場合でも、時間がかかることがあります。

以上につき、何卒ご理解くださいますようお願いします。
close