無料
エロ
動画
春川ナミオ 恋人か奴隷か

「あなた、私に逆らうことはできないのよ」
「うん、わかってるよ」

青犬さんや「美熟女様に・・・」のような
厳しい主従関係に強く憧れる一方で、
普通の恋人や夫婦関係を基本にしつつ、
なんとなく女性上位・・・というような関係にも憧れます。

節操がない・・・と言われればその通りですが(^_^;)。

というか、私の性的嗜好の中心はマゾヒズムですが、
振幅の一番端のところでノーマルな性もぎりぎりで引っかかっているので、
そういう関係に憧れるのかもしれません。

あるいは、もう一つ別の説明もできそうです。

SMに限らず性の世界は、非日常の領域に属するわけですね。
非日常であることを最も実感できる時というのは、
実は非日常にどっぷりと使っている時ではなくて、
日常との境目にあるときなんですね。

つまり、
日常の中に非日常が顔を出す、
非日常にいながらどこかで日常を感じている、
というような状況なわけです。

女性上位な恋人・夫婦関係にも憧れるのは、こうした理由からではないかと。
日常的な恋人関係の中に、非日常的なSM的関係が持ち込まれるわけです。
そのほうがSM的関係をより強く感じられることがある、と。

以前、ある女性にお仕えしていたときに、逆のことを感じました。
いま自分は、裸でご主人様の前で土下座している。
それは本来とても刺激的なことのはずなのだけれども、
主従関係が完全に成立しているその部屋の中では、
それは“あたりまえのこと”であって、とりたてて刺激的なことではないと、
ふと感じたりしたことがあったのです。

後で思い出すと、改めて刺激的なことのように感じられるんですね。

close