無料
エロ
動画
しっかりお舐め! 手を抜いたらクビだよ
豊満な女性にクンニご奉仕。

女性の性的快楽のお役に立つこと。
男の存在意義はほかにはありません。

「Kugelrunda」というのは画集のタイトルのようです。
「Kugelrund」は丸いという意味だそうです。
それがそのまま作者の名前なのかどうかはわかりません。

あらやだ、おしっこしたくなっちゃった
「おしっこしたくなっちゃった。
このままお飲み」
「ゴクゴクゴク」

現実の向こうに
「殺せかし! 殺せかし!」で、鞭を振って自分を殺して欲しいと謳い上げている女性は、いったい誰なのか。妻なのか、妻ではない誰かなのか、特定のモデルはないのか・・・。

うっかり見落としていたのですが、「殺せかし! 殺せかし!」を収めている詩集『氷島』には、「詩篇小解」という作者自身による短い解説がついていて、そこにはこう書かれています。

>恋愛詩四篇 「遊園地にて」「殺せかし! 殺せかし!」「地下鉄道にて」「昨日にまさる恋しさの」等凡て昭和五−七年の作。今は既に破き捨てたる、日記の果敢なきエピソードなり。我れの如き極地の人、氷島の上に独り住み居て、そもそも何の愛恋ぞや。過去は恥多く悔多し。これもまた北極の長夜に見たる、侘しき極光(おーろら)の幻燈なるべし。

「殺せかし! 殺せかし!」は、昭和5〜7年の作であり、「今は既に破き捨てたる、日記の果敢なきエピソード」であると述べています。

朔太郎が妻・稲子と離婚したのは昭和4年ですから、この詩は離婚後に書かれたことになります。

ところが、詩は過去の日記に基づいて書かれたとありますから、その日記がいつ書かれたのかは、なかなか微妙な問題になってきます。離婚の前後に朔太郎は、大量のノートや作品を室生犀星宅で焼却しています。

朔太郎が稲子と結婚したのは大正8年です。つまり、結婚生活は役10年間続いた。

ややこしいので時間を追って整理してみます。

大正8年(1919) 稲子と結婚。
昭和4年(1929) 稲子と離婚。大量のノート等を焼却。
昭和5〜7年(1930〜1932) 「殺せかし! 殺せかし!」創作。
昭和9年(1934) 詩集『氷島』出版。

離婚と同時に焼却した中に、「殺せかし! 殺せかし!」の元になった日記も含まれていたとすると、断定はできないものの、それが書かれたのは、その前10年間におよぶ婚姻期間中である可能性が高いと言うことができましょう。

いま手元にある資料をもとにした一応の結論はこうなります。

「殺せかし! 殺せかし!」は、婚姻期間中に書かれた日記をもとに、離婚後に書かれた可能性が高い。

ここから先は、読む方の想像力の問題になります。

一言でいうと、いろいろな読み方が可能だ、ということです。

元になった日記が婚姻期間中に書かれたとしても、新婚時代の甘い雰囲気の中で書かれたのと、離婚間際の険悪な雰囲気の中で書かれたのとでは、意味が違ってくるでしょう。

甘い雰囲気の中で日記が書かれ、それが試作品にストレートに反映されているとするなら、詩が謳い上げているのは妻であり、すなわち妻への愛を強調しようとするあまりにマゾヒスティックな物言いになったのだ、と言えるでしょう。

険悪な雰囲気の中で日記が書かれたとすると、妻ではない別の女性をモデルにしたということも考えられます。この場合、作者の心象風景の中で、現実の妻とは対称的な存在として詩の中の「君」が措定されていることになります。

あるいは、現実の妻から逃れるために、特定のモデルはなく理想の女性像を仮託した、ということも考えられます。

もっとスリリングな読みは、険悪な雰囲気の中で書かれたにもかかわらず、妻をモデルにしているという解釈です。現実としては、かつて愛していたけれど、今は妻を憎み軽蔑している。そういう状況の中で、「かつての君は美しく崇高だった」と言おうとしているのでしょうか。それとも、妻を憎んでいる、その憎しみが、朔太郎の心のどこかで反転して、憎むがゆえに崇拝しているのでしょうか。

この最後の解釈が、一番マゾヒスティックといえばマゾヒスティックですね。しばらく前に「言葉の行方」というエントリーで書いたこととも、少しつながります。

要するに、現実の朔太郎の生活と重ね合わせながらこの詩を読んでみると、いろんな読み方が可能になって面白いという、ただそれだけのことです。
Rudi Nappi
「阿部譲二さんの作品」サイトの掲示板に、笛地静恵さんというかたが萩原朔太郎の詩を紹介されていました。

『氷島』という詩集の一編です。私、以前にこの詩集を読んではいましたが、全然頭に残っていませんでした。こういう紹介はありがたいものです。

以下に、笛地さんが紹介されたのとは別に、全文を打ち直して紹介します(旧字を新字に改めたほかはそのまま)。


   殺せかし! 殺せかし!

 いかなればかくも気高く
 優しく 麗はしく 香はしく
 すべてを越えて君のみが匂いたまふぞ。
 我れは醜き獣にして
 いかでみ情の数にも足らむ。
 もとより我れは奴隷なり 家畜なり
 君がみ足の下に腹這ひ 犬の如くに仕へまつらむ。
 願くは我れを踏みつけ
 侮辱し
 唾を吐きかけ
 また床の上に蹴り
 きびしく苛責し
 ああ 遂に――
 わが息の根の止まる時までも。
 
 我れはもとより家畜なり 奴隷なり
 悲しき忍従に耐えむより
 はや君の鞭の手をあげ殺せかし。
 打ち殺せかし! 打ち殺せかし!


まるで朔太郎自身がマゾヒストであるかのような言葉にドキッとします。

ただ、これについて笛地さんが「ドミナとの一刻を描写して」と述べているのは疑問です。『氷島』の「自序」に、この詩集は「著者の実生活の記録であ」ると述べていて、実際にそういうことをしたのかと一瞬思いがちですが、そうではありません。

よく読めばわかるように、踏みつけられたり、唾を吐きかけられたり、といった言葉の前には「願くは」と述べているのであり、鞭で云々というくだりは「殺せ」という動詞の命令形であって、そのあとに「かし」という強調の終助詞がついているのです。総じてこれらは全て願望を表しているわけです。

それでは、願望を述べているから朔太郎がマゾヒストであったかというと、そうは言えません。つまりこれは、愛する女性がいかに気高く崇高な存在であり、引き比べて自分は取るに足りない存在であるかということを、比喩として述べたものにほかなりません。朔太郎はマゾヒストとは言えない、少なくとも谷崎潤一郎がマゾヒストであるというのと同じ意味でマゾヒストと呼ぶことはできないのです。

笛地さんのお言葉は、おそらくそういうことを全て承知の上での牽強付会でしょうから、それはそれで良いのです。沼正三が『手帖』に対してとったスタンスのように。ですからこれは反論などではありません。ただ、この詩を「日本の詩の極限を示した名作」というのは私には理解不能ですけれど(^_^;)。

それよりも、マゾヒストとして味わうべきは、マゾヒストでない朔太郎が、自身の愛を強調しようとして、あたかもマゾヒストのような言葉を吐いた、ということではないでしょうか。

これはどういうことか?

マゾヒストのファンタジーは、それが一見いかに奇矯なものに見えようとも、ごく当たり前のノーマルな愛の形と地続きにある、ということです。

海外の人間便器動画販売サイト
リンク先の海外人間便器AVメーカー「Poomania」が、しばらくお休みになってしまったようです。

>I'am sorry, we will soon back again!

とトップページにはありますが、ネットの常として本当に復活するかどうかはわかりません。
私は利用したことはありませんが、見ているだけでも刺激的なサイトなので、ぜひとも復活していただきたいものです。

で、その代わりというわけでもありませんが、素敵なページを見つけました。

「QOS Fetish Fantasy」

という動画販売ページです。
早速左のリンクに加えました。

QOS というのは、Queen of smother の略のようです。
人間便器ものが多く、しかも女性がみな豊満ということで、とても私好みの動画が並んでいます。
GIFアニメを見ているだけでも楽しいです。

「Yezz Clips」というサイト内の1コーナーですが、「Yezz Clips」のホームへは「home」クリックで行けます。
femdom 動画も含め、いろいろな動画が登録されているようです。

許してあげるわ
ちょっとマジメなお話をします。いえ、ほかの記事がマジメでないということではないのですが。

某国独裁者の料理人であった日本人が、独裁者の息子である現独裁者に呼ばれて、その国に行って来た、というニュースがありました。

料理人は、かつて現独裁者が少年だったときに会っている。料理人が日本に戻るときには「戻って来いよ」と言い、料理人はうなずいたという。今回の訪問はその約束を果たしたものであった。

しかし、状況は大きく変わっていた。当時は子どもだったが、今は国家を手中に収める独裁者である。料理人を生かすも殺すも独裁者の気持ちひとつという状況だ。一方、料理人は「日本へ買い出しに行く」という名目で帰国し、そのまま某国に戻らなかったのだから、某国から「裏切り者」と思われても仕方がない状況だ。

はたして独裁者は、料理人を温かく迎えた。はるかに年下であろう現独裁者と顔を合わせた瞬間、料理人は滂沱の涙を流していた。会食の間中、ずっと泣いていたという。

さてここで、料理人が流した涙について考えてみたいと思います。

料理人の涙は、友情の涙でもなければ、懐かしさの涙でもありません。そういうものが少しもなかったかというとそれはわかりませんが、あってもほんのわずかなものでしょう。

大の男に滂沱の涙を流させたものは、「命が助かった」「許された」という安心の涙であったはずです。現独裁者の優しい笑顔を見たとき、料理人は初めてそのことを確信し、「殺されるかもしれない」という極度の緊張から解放されて涙を流したのでした。

この涙は、マゾヒストが流す涙と似ていると私は思います。

通常マゾヒストは、国家権力を背景にして命を脅かされるという状況にはないので、スケールは違いますが、いわば質としては同じものだと言ってよいと思うのです。

女主人は奴隷の生殺与奪の権を握っています。実際には奴隷を殺すことはできませんが、主人と奴隷の間では一種の約束事としてそうした関係が成立しています。あるいは、「捨てる」ということが「殺す」と同等のものとして仮定されています。

そういう状況でなにか失敗をすると、奴隷生命の危機が訪れます。奴隷は詫びるなり罰を受けるなりして、やっとのことで許されます。許された奴隷は、涙を流します。「紀子様のお言葉」で、紀子さんに許されて大沼さんが流した涙は、まさにそういうものです。

許された喜びというのは、とても大きいものです。許されることは、自分の存在を認められたことであり、生きることの喜びそのものと直結します。

料理人の場合には、そこに性的な意味合いはないでしょうから、その点は違いますが、しかし涙の本質ということからいえば、料理人とマゾヒストは実は同じ涙を流していると言えるのです。

色っぽい寺島志保さま
色っぽい女性を見つけました。
寺島志保さま。
「僕の会社の豊満熟女OL」というDVDからです。
大森あづさというお名前でも出演されているみたいです。

新入社員として入社した会社にこんな女性がいたら、一目惚れしてしまうでしょうね。

このセクシーさ、たまりません
「君、もっと飲みなさい」
「ありがとうございます、でも、もう飲めません」
「飲みなさいよ、君から誘ってきたんでしょう」
「すいません。
志保先輩、今日はわざわざありがとうございます。
先輩、実はあの、あの・・・」
「なによ」
「ぼぼ、ぼく、あの、ま前から先輩のことが・・・」
「アハハハ、なに言ってるのよ〜。冗談はやめて」
「冗談じゃありません。ほ、本気です」
「バカ。みんな陰で私のことを“お局様”って呼んでるの知ってるのよ」
「そんなの関係ありません」
「だって君、いつも私に叱られてばっかりじゃない。
それでも私が好きだっていうの?」
「は、はい、先輩に叱っていただくの・・・き、嫌いじゃありません。
いえはっきり言います。
先輩に叱っていただくと、ぼく、う、嬉しいんです」
「アハハハハハ。バカじゃないの」
「ほ、ほんとです。
ぼくのために叱ってくれてるんだなって、いつも感謝してます」
「君、変わってるのね」
「す、すいません」
「謝らなくてもいいわよ。
だけど、こんなお婆ちゃんのどこがいいの?」
「お婆ちゃんじゃありません、先輩は、お、お・・・その・・・お、お美しいです。
会社の誰よりもおきれいだと思います。
入社して初めて見たときから、素敵な方だなあと思っていました。
そしたら幸運にも先輩の下で働けることになって、秘かに喜んでたんです。
ずっと近くで先輩のことを見ていて・・・そして・・・ますます・・・。
だからこれからも、ずっと先輩のお側にいてずっと叱っていただきたいです」
「ずっと叱られたいって・・・ばかねえ。
だけど今度の異動でどうなるかわからないわねえ」
「異動になっても、ずっとお側に・・・いたいです」
「どういうこと?」
「ずっと先輩のお側に、ずっと・・・一生・・・。
先輩ッ、ぼぼぼくと、けけけけ結婚してくだくださいッ」
「バカねえ、そんな思い詰めた目をしないのよ」
「本気ですッ。
ずっと思ってました、先輩と結婚したいって。
先輩のためなら何でもします。
ぼくに気に入らないところがあったら全部直します。
一生先輩に尽くします。
一生ぼくを叱ってください!」
「わかったわかった。
君の言いたいことはわかったわ」
「それじゃあ!」
「考えとくわ」
「考えとく・・・それだけですか」
「それだけよ。
だって君がどれほど私に尽くしてくれるのか、口だけじゃわからないもの。
しばらく観察して、それで答えを出すことにするわ。
それでどう?」
「は、はい、それで結構です。
がんばります!
よろしくお願いします!」

ぼくは全身全霊、とにかく一生懸命に尽くして、志保先輩好みの男になろうと固く心に誓ったのでした。

いっぽうこちらは志保。
「困ったわ。また奴隷が一匹増えちゃった」

アナル舐め 本文とは関係ありません
女王様にとって煙草は一つのシンボルになっているようです。
足を組んで煙草を吸いながら奴隷を見おろしている姿は、いかにも“女王様”らしい一幅の絵です。

けれども、ここで私、思いきって告白しちゃいます。
私、煙草が苦手です。

煙草を吸う女性は、それだけで私の性的な憧れの対象からはずれてしまいます。
もちろんお友達としてなら関係ありません・・・それでもマナーの悪い喫煙者は嫌ですけど。
これは男女問わず。

奴隷のくせに生意気だと言われても、こればかりは仕方がないのです。
「何でお前はマゾなんだ」と言われても仕方がないのと同じように、これは私の生理なんです。
私にとって煙草は「ケガレ」に近い感触です。

このことは、なにかマゾヒストとして言ってはいけないことのような気がしていましたが、どうも煙草に対する世の中の認識が変わりつつある今、Femdom 的世界においても地殻変動(大袈裟ですが)が起きているように思えるフシがあります。

試みに有名SMクラブに所属している女王様の喫煙率を調べてみました。
登録数が多くて、サイトに喫煙の有無のデータが出ている、というのでMARSを選びました。

まず、SMクラブのサイトに喫煙の有無のデータが記載されていること自体が、時代の変化を物語っています。
女王様の喫煙に対するお客の関心が高まっていることの反映と考えられるからです。

もっとも、同じ系列店でもPERVSのサイトには記載がありません。
単にデザイン上の都合で項目を入れたり入れなかったりしているのかもしれず、まだまだ最重要のポイントではない、ということでもありましょう。

結果は次の通りでした。

 総人数  32
 喫煙者  13 40.6%
 非喫煙者 18 56.3%
 記載無   1  3.1%

なんと非喫煙者の方が多いのです。
記載なしの一人を喫煙者として計算しても、喫煙者は43.8%に過ぎません。
この結果は私も意外でした。

女王様の喫煙が苦手で、非喫煙者の女王様を探そうとすると選択肢が限られる・・・という理由でクラブへ行かないという人は、潜在的にはかなりいるのではないかと思われますが、こうしてみると選択肢は意外とありそうですね。

今後は嫌煙的女王様は増えるでしょうし、嫌煙的マゾヒストも少しずつ目に見えるようになってくるような予感がします。

個人の好き嫌いですから、良し悪しとか正しい正しくないの問題ではないのですが、そろそろ「煙草は女王様のシンボル」というイメージは変わってもいいのではないかと思います。

close