無料
エロ
動画
最後はKさんの場合です。

Kさん:拷問や四肢切断、内臓取り出しに対して強い執着を持っている。

悩みを相談された kazowk さんが当惑しているのと同じように、私も当惑しています。

Kさんは深く苦悩する一方で、実現したいという強い欲求ももっています。
かなり強い葛藤の中にあることが見て取れます。

kazowk はKさんから「病気ですよね?」と言われて、穏やかに回答を回避しています。
私は、願望を実現したいという欲求が押さえきれなくなりそうなほど強いのであれば、敢えて「病気である」と認識するところから出発する方がよいのではないかと思います。

前に触れた松井冬子さんの作品をKさんが見たらどう感じるだろうかと、ふと思いました。
松井さんも内臓が飛び出した題材の絵を描いています。

松井さんの作品は、自身の“痛み”の投影でした。
Kさんの場合はどうなのか?
もしかするとKさんが松井さんの絵を見たときに、何か感じるものがあるのではないだろうか…。

全く見当はずれかもしれません。

私は「内臓が見たい」という願望は、境界性への憧憬ではないかと思います。
ここで境界というのは、生死の境界です。
内臓が見える状況は、生死の境界にあることを示しています。
人間は、死に隣接することで、逆説的に生を実感するということがあるのですね。
リストカットなどはその例です。

Kさんは生死の境界を目撃することで、生を実感したいのではないか。
ただ、境界を体現する者が自分ではなく他者であることが、リストカットなどとの違いです。

Kさんの願望を、femdom の範疇で捉えることができるでしょうか?
ポイントは、Kさんのファンタジーの中で、相手としての“人”が不可欠な要素になっているかどうかです。
境界的な状況を、相手と自分とで共有しようという意図があるのかどうか。
もしあるとしたら、ぎりぎりで femdom という範疇に入れてもいいと思います。

ですが、おそらくもっと可能性が高いのは、拷問したい、四肢切断したい、内臓が見たいという願望そのものが目的化しているケースでしょう。
状況を「相手と共有する」という要素が抜け落ちて、ただ「内臓が見たい」ということのみに固執していることが考えられます。
この場合は、Bさんのケースと同様、完全に一方的な願望で、femdom 範疇に入れることはできません。
社会的な危険性もとても大きいと思います。

例えば、何かのきっかけで人の内臓に興味を持ったとします。
普通は「恐い」とか「気持ち悪い」と一過性の興味で終わりますが、ひょんなことからそこに想像力が定着し、展開してしまうことがあります。
「どんな感触なんだろう?」
「どんな匂いなんだろう?」
「内臓が飛び出したらどんな風に苦しむのだろう?」
などという具合に、想像力が自己増殖していくと、やがてそのイメージから逃れられなくなって、「内臓が見たい」という願望が目的化してしまうのです。
広い意味でフェティシズムといってもいいかもしれません。
内臓を見ることが目的なのですから、相手不在、人間不在、かつ、一方的な願望です。

人間の心というのは、一度ある種の隘路(あいろ)に入り込んでしまうと、なかなか抜け出せなくなるものです。

佐川一政さんの「パリ人肉事件」を覚えている人も多いでしょう。
佐川さんの本やインタビューを読むと、あの事件は、彼がそういう心の隘路に入り込んで引き起こされたことがよくわかります。
例えば、「内なる辺境の人々×佐川一政」

ひょんなことから始まった「人の肉を食べたい」という思いが、長い時間彼の中に留まりつづけることによって、自己増殖し、やがては強い執着となっていきました。
私ははじめ、女性に対する強い一体化願望(つまり愛)が引き起こしたのではないかと考えていたのですが、そうではなく、もともと「人の肉を食べたい」という強い執着があったのですね。
女性とのいきさつは、一つのきっかけだったに過ぎないようです。
「いつか実行しなければならない」という思いに取り憑かれていた彼は、あるとき「今でしょ」と思ってしまったんですね。

Kさんの場合も、一種の心の隘路に入り込んでしまっているように思われます。
その悩みがとても深いことは想像するに余りありますが、ここはやはり、一人で抱え込まずに、専門医なりカウンセラーなりに相談するのがよいと思います。
相談することで悩みを共有してもらうことができます。
即解決にはならないかもしれませんが、心の負担はかなり減りますし、少なくとも最終的な引き金の抑制にはなるでしょう。

慎重に代償行為を探すということも考えられるでしょうか…。
うーん。
犬や猫を代わりにするのはNGです。
動物愛護団体に糾弾されるから、というだけでなく、どうも小動物への代償行為は、本体である人への願望を昂進させてしまうようです。
だからこれは危険です。

代償行為として私の脳裏に唯一思い浮かぶのは、かなり大胆な意見ですが、医師になること、です。
そこには医療という厳然たる国家制度がありますから、その枠内にきちんと収まりつつ、外科医や内科の執刀医として活動するわけです。
そんな医師に手術されるのは恐い?
いいえ、そんなことはありません。
そういう人の方が名執刀医になる可能性が高いと思います。

でもまあ、誰でもが簡単に医師になれるわけではありませんので、一般的な解決法にはなりませんね。

以上縷々述べてきましたが、いうまでもなく私はその筋の専門家でもなんでもありません。
ただ、マゾヒストとしての勝手な感想を述べたに過ぎません。
例えば「ほんとに外科医になっちゃったけど、どうしてくれるのよ」と言われても、責任とれませんので、どうぞ自己責任でお読みいただければ幸いです。
少しでも考えるヒントになれば嬉しい、というぐらいのものです。
私自身も迷いながら綴りましたので、間違っていることもたくさんあると思います。
ご批判・ご叱正は素直に聞く耳を持っていますので、お気づきの点はご指摘ください。

Secret

close