無料
エロ
動画
ぼくが働いているお店にあの方が入ってきたとき、全身が雷に打たれたようになりました。
こんな女神のような女性が本当にいるなんて。
一瞬でぼくは恋の虜になりました。
ぼくは思いきって…

Viktorieさま1
「あ、あのぅ、よろしければ、こ、これ…」
「あら、なにかしら?」
「ぼぼ、ぼくから…」

Viktorieさま2
「ふうん、あなたから、ねえ」
「めめ、召し上がってみ、みてください…」

Viktorieさま3
「香はまあまあね」

Viktorieさま4
「うえー、なによこれ!」

Viktorieさま5
「どういうことよ、これ!」
「そそそ、そんなはずは…」

Viktorieさま6
「こうしてやる!」
「ひぃ〜、お許しください!」

Viktorieさま7
「これでもか、これでもか」
「ひぃ〜」
「これでもか!」
「……あ、ああ」

そのとき、ぼくの恋は成就したのかもしれません。

Secret

close